三重名鉄タクシー http://www.miemeitaku.com/
会社概要
安全への取り組み
個人情報保護方針
車両のご案内
運賃のご案内
サービスのご案内
便利タクシー
愛車の車検
スマートフォン配車
クレジットカード
伊勢神宮参拝コースのご案内
求人案内
リンクページ
お問合せ
HOME
会社概要

地域を大切にし、お客様に愛される企業を目指して。
当社は「お客様を大切にする」そして「従業員を大切にする」を経営理念とし津、伊勢、松阪、鳥羽を事業領域とし地域の皆様とともに歩んで参りました。
そうした経緯から当社は、社会貢献のできる企業となることを社是とし、環境問題にも積極的に取り組み、個人、法人、団体、高齢者のニーズに対応した多彩な車両を用意しハード面を充実するとともに、ソフト面においては乗務員全員が会社を代表する営業係としてサービスの提供と安全運転の向上に努めております。
当社自身の成長と事業の拡大が、社会に対して還元できるよう努める一方で地域の皆様から「地域を大切にし、お客様に愛される三重名鉄タク」と呼ばれるよう、そんな企業であり続けるために、たゆまぬ努力を続けて参ります。
会社名 三重名鉄タクシー株式会社
所在地 〒515-0016 三重県松阪市末広町1丁目240番地の1
代表者 松島 尚登
設 立 1953年5月
資本金 3,800万円
電話番号 (0598)51-7115(総務)
FAX番号 (0598)52-6666(総務)
従業員数 140名
保有車両 106両(中型61両、小型37両、特大5両、貸切バス3両)
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般貨物自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
普通自動車分解整備事業(指定自動車整備事業)
不動産賃貸事業
損害保険代理店事業
労働者派遣事業法に基づく労働者派遣事業
営業所
松阪営業所 松阪市末広町1丁目240番地の1
津営業所 津市上弁財町津興3193番地
伊勢営業所 伊勢市大世古2丁目8番地31号
整備工場 松坂市末広町1丁目212番地13
運輸安全マネジメント
輸送の安全に関するコミットメント

三重名鉄タクシーは、全ての事業経営に際して、コンプライアンスに基づき、社是の「お客様を大切にする。従業員を大切にする。」を実践していきます。
安全をより重視し、最新機器のドライブレコーダー・飲酒検知機・最新型GPSデジタル無線をそろえて、「お客様の安全確保・お客様への安心提供」と「従業員の親切な接客サービス」によって、より地域に根ざした活動をこれからも努力して、「お客様に愛される信頼のトップブランド」の三重名タクでありつづけるようにいたします。
これからも私自ら、従来にも増して「輸送の安全確保」に率先垂範して取り組み、従業員とともに、企業の社会的責任を果たしていくことを、ここに誓います。

三重名鉄タクシー株式会社
取締役社長 松島 尚登

輸送の安全に関する基本的な方針

「輸送の安全は『名鉄の使命』であり、顧客満足である」

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
  • 重大事故『ゼロ』
    平成28年度目標:0件
    結果:0件
    平成29年度目標:0件
  • 有責事故を年間10件以下にする
    平成28年度目標:10件以下
    結果:16件
    平成29年度目標:10件以下
  • 飲酒運転、免許証の有効期限切れの撲滅
    平成28年度結果:0件
    平成29年度目標:0件
自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
平成27年度発生状況0件
平成28年度発生状況0件
法第22条の2第1項に規定する安全管理規程
輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置
    〇28年度に講じた措置
  1. アルコール検知器によるチェックの厳正な実施
    始・終業点呼時にアルコール検知器によるチェックの厳正な実施により、飲酒運転に至る事案は発生しなかった。アルコール検知器に連動する運転免許証リーダーの活用により、運転免許証の有効期限をあらかじめチェックし、有効期限切れの乗務員の発生はなかった。
  2. 速度超過の撲滅
    平成28年度はチャートを活用し法定速度遵守の指導とともに、ドライブレコーダーによるイベント発生時の状況を確認することで、安全運転の指導を行った。
  3. 事故防止のための指導
    管理者及び班会議、事故審議委員会による事故惹起者への個人指導(再発防止)を行った。また、ドライブレコーダーの積極的活用(事故原因の究明)とイベント発生時の状況を確認し、一旦停止などの励行が行われているか確認し指導する。
  4. 安全管理体制の向上
    コンプライアンス遵守の重要性を管理者会議、班長会議などを通じ、常に全社員が意識するよう伝達した。
  5. 運輸安全マネジメントセミナーへの参加
    平成28年10月20日に(独)自動車事故対策機構主催の「ガイドラインセミナー」及び「内部監査セミナー」に3営業所の所長が参加し、運輸安全マネジメントへの理解を深めた。
  6. 社長はじめ役員による巡回指導
  7. 健康管理の徹底
    健康起因による事故の撲滅のため、健康診断の結果、要二次検査以上の総合所見があったものの内、運転上問題のある所見があったものは、全員二次検査を受けさせ、医師の診断書を提出させている。また治療が必要な者のうち、特に必要と思われる者は、継続的に治療を受けている証として、1ヶ月に1回、医師の診断書を提出させ、治療の進展度を確認した。
    〇29年度に講じようとする措置
  1. 健康管理の徹底
    28年度同様、健康起因による事故の撲滅のため、健康診断の結果、要二次検査以上の総合所見があったものの内、運転上問題のある所見があったものは、全員二次検査を受けさせ、医師の診断書を提出させるなど、更なる健康管理体制の強化を図っていく。
  2. ドライブレコーダーの更新
    従来の前面だけの映像及びイベント発生時のみを記録するドライブレコーダーから、常時記録及び前面、車内及び音声の記録型の物に更新する予定。
  3. 運輸安全マネジメントセミナーへの参加
    平成29年度中には(独)自動車事故対策機構主催の運輸安全マネジメントセミナーのうち「リスク管理セミナー」に営業所の所長を参加させ、さらに運輸安全マネジメントへの理解を深めていく。
  4. 社長はじめ役員による巡回指導
    巡回により乗務員とのコミュニケーションを図る中で、安全についての必要性を、さらに深めていけるよう努める。
  5. アルコール検知器によるチェックの厳正な実施
    28年度に引き続き、アルコールチェックシステムによる始・終業点呼時のチェックの厳正な実施を継続するとともに、連動する運転免許証リーダーの活用により、運転免許証の有効期限切れをチェックする。
  6. 速度超過の撲滅
    28年度に引き続き、チャートを活用し法定速度遵守の指導を行っていくとともに、早期に新型のドライブレコーダーを導入し、これによる安全運転の指導を行う。
輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
輸送の安全に関する計画
安全管理規程
輸送の安全に関する内部監査の実施状況
  1. 実施日
    平成29年2月15日(水)伊勢営業所
    平成29年3月2日(木)松阪営業所(貸切)
  2. 主な調査項目
    (1)乗務員台帳が整理されているか。
    • 免許証データーが最新のものか、最新コピーが添付されているか。
    • 健康診断結果(28年秋実施まで)が記入されているか。
    (2)点呼簿に始業・終業時間、ALC等レ点漏れがないか。
    (3)日常点検表の必要事項にレ点がされているか。
    (4)運行指示書等は正しく記入され、保管されているか。
    (5)アルコールチェッカーのテストを週1回実施しているか、結果をファイルしているか
  3. 調査メンバー
    内山取締役・竹内営業部長  以上2名
  4. 調査結果及び指導内容
      伊勢営業所については、乗務員台帳の不備、点呼簿のレ点漏れ、アルコールチェッカーのテスト未実施が一部あった為、確実に点呼、チェッカーのテスト等を実施し、乗務員台帳についても常に最新の情報に更新するよう指導した。松阪営業所(貸切)については、特に不備はなかったので、引き続き正規の取扱いをしていくよう指示をした。
安全統括管理者に係る情報

安全統括管理者  営業部長 竹内 英夫

事業用自動車(貸切バス)の運転者、運行管理者、整備管理者に係る情報
  • 運 転 者:上野 公夫、村田 芳男、平井 孝志、津谷 良一、竹内 英夫
  • 運行管理者:竹内 英夫、倉橋 久
  • 整備管理者:角屋 雅夫、村田 且路
  • 事業用自動車(貸切バス)に係る情報
    (1)マイクロバス 乗車定員:29人 初年度登録:平成18年8月
    (2)マイクロバス 乗車定員:29人 初年度登録:平成25年6月
    (3)マイクロバス 乗車定員:14人 初年度登録:平成27年12月
    個人情報保護方針
    個人情報保護方針
    BACKへ PAGE TOPへ
     
    Copyright (C) 2006 Mie Meitetsu Taxi. All rights reserved.